感染後はどうなる?|シーナックは病院以外でも今の時代は入手できるようになりました
シートに入っている薬

感染後はどうなる?

薬瓶の中に入っている白い錠剤

もし仮にあなたのペットがフィラリアにかかってしまった場合、フィラリアはどのようは動きをするのか?
まずフィラリアにかかった直後は特に症状が現れたりすることがありません。
そのためフィラリアにかかってもすぐに把握できないので、これがフィラリアの怖いところでもあります。

では感染したあとのフィラリアは何をしてるのかというと、ずばり静かに成長を続けています。
フィラリアは成虫になるまであまり動くことはありません。成虫になるためには約2か月の時間が必要だと言われているので、それまではただしずかに成長を繰り返していきます。
そしてこのタイミングこそが、まさにフィラリアを駆除する絶好のタイミングなわけです。
活動していないときを狙って予防薬を投与していけば、成虫になる前に死滅していきます。
つまり何もせずじっとしているこの期間の間に確実に予防薬で仕留めて行かなければいけません。

ではもしフィラリアが成虫になってしまったらどうなるのか?
フィラリアが成虫になるとまず「血管」の中に入ろうとします。
血管に潜ってしまうともう予防薬をいくら投与してもその効果がフィラリアに届くことは一切ありません。
ここまでいってしまうとあとは心臓などに卵を産むようになり、フィラリアがどんどん体中をむしばんでいきます。
ということはすなわち「死」が訪れるわけです。
だからこそ早めにフィラリアの予防薬は使っておかなければいけません。
毎月1回予防薬を使うようになれば確実にフィラリアの動きを止めることができるので、ペットを飼ってる人は必ず買っておかなければだめです。