白内障とは何なのか|シーナックは病院以外でも今の時代は入手できるようになりました
シートに入っている薬

白内障とは何なのか

錠剤とカプセル

まず白内障ってそもそもどのような病気なのか?
ペットでよく見られるこの白内障は、主に水晶体の一部だったり全体が白く濁ることで起こる症状になります。
一般的に6歳以上の犬が白内障になりやすいので、多くの場合は老化による白内障がとても多いです。
徐々にその症状は進行していき、最終的には完全に失明してしまうことになります。
ちなみに若年性の白内障も存在するので、たとえ歳を重ねていなかったとしても白内障になってしまうペットが存在するのです。

では白内障かどうかを見分けるにはどうすればいいのか?
基本的にはペットが動くときの動作に注目していればわかります。
たとえばよく壁や物などにぶつかるようなしぐさを見せたら、それは白内障になっている可能性があるでしょう。
また目が白く見えるようになり、瞳孔が常に見開いている状態になっていることもあります。
そして場合によっては白内障の不安から夜泣きをするようなこともあるので、そのときは白内障を治すシーナックを投与してみてください。

じゃあなぜ白内障は起こってしまうのか?
年齢によって勝手に起こったりするのが白内障ですが、よく言われるのが先天的なものと後天的なものによる白内障です。
後天的な白内障の場合は外傷だったり糖尿病といった代謝性疾患や、水晶体に影響を与える目の病気があったりします。
そして万が一白内障が起こってしまったら、まずは動物病院に連れて行ってください。
さらにシーナックが処方されたりするので、シーナックを使ってなんとか治療を施していきましょう。
もしもシーナックでダメなときは、手術をする可能性が出てきてしまいます。