フィラリアにも注意|シーナックは病院以外でも今の時代は入手できるようになりました
シートに入っている薬

フィラリアにも注意

手のひらにのっている薬

白内障も怖い病気のひとつですが、さらに怖いとされているのが「フィラリア」と呼ばれるものです。
これは主に犬に感染する病気なんですが、フィラリアに感染してしまったらさまざまな症状が出てきてしまいます。
そして気づかずに放っておくと死に至る危険性があるので、フィラリアに感染されないように予防薬を使っていかなければいけません。

ではフィラリアはどのようにしてペットに感染するのか?
まずフィラリア自体がそのままペットに付着するわけではなく、フィラリアを運ぶ「蚊」によって感染していきます。
つまり蚊の存在が大事なペットを殺してしまう原因を作ってしまうわけです。
蚊はすでにフィラリアに感染している犬の血液を吸い、同時にミクロフィラリアを体内に取り込みます。
ミクロフィラリアは犬へ実際に感染するために一定の温度が必要なので、一般的には冬場以外に動き出すことがほとんどです。
そして蚊も同じく冬場以外に激しく行動する生き物なので、ずばり夏場ほどフィラリアに感染する可能性が高まります。
蚊の体内で成長を遂げたミクロフィラリアは再度別の犬の血液を吸う際に、また犬の体内に入っていきます。
これがいわゆるフィラリア感染の主な内訳です。

なお「蚊」によって感染してしまうということがわかれば、あとは蚊に刺されないように工夫すれば良いのでは?
と誰しもがそう思うと思います。
もちろん蚊に刺されないように色々努力することでフィラリアの感染率を下げることは可能ですが、だからといって100%可能性を抑えられるわけではありません。
たとえば夏場じゃなかったとしても蚊という生き物は常にどこかに飛び回っています。
その数はさすがに夏ほどではないにしろ、絶対にどこかに飛んでいるものです。